住宅ローンの審査基準が通らない理由は?

住宅ローン審査基準に通らない理由とは?

見出し
「住宅ローンの審査基準に通らない!」というあなたのお悩みを解決するためには何が必要なのでしょうか?あなたの年収や勤続年数、これまでの借金、ローンの返済状況を含む個人信用情報など住宅ローン借入れに必要な審査基準に関する知っておきたいポイントをしっかりとおさえて、住宅ローン審査基準に通らない理由を見つけ出しましょう!さらにフラット35を含め審査が甘いといわれるおすすめの銀行ランキングをご紹介!住宅ローンの審査基準で悩んだらまずは当サイトのランキングをチェックすることをおすすめします!あなたにぴったりの銀行が見つかるはずです。

住宅ローン審査おすすめランキング![2017年7月]

サムネイル
  • 三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 保証料・収入印紙代は0円
  • 来店不要で時間の成約なし
  • がんと診断でローン残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 固定も変動も低金利で人気
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料も無料
  • 安定かつ継続した収入が年収の基準
  • 3台メリットなどサービスが充実
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • 就業年数2年以上・年収300万円以上
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料0円
  • 繰り上げ返済手数料0円
  • 団信生命保険加入資格があること
  • 安心パックで将来のリスクに備える
  • 新生銀行は6つの手数料0円
矢印 申し込み


サムネイル
  • イオンでの買い物が毎日5%OFF
  • 疾病保障付き住宅ローンも容易
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 安定収入(年収100万円以上)あること
  • 連続就業6ヶ月・自営は開始3年以上
  • 一部繰上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保障が本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35独自の審査基準で借りやすいと評判
  • フラット35最安金利と低い手数料を達成
  • 諸費用の安さで総返済額を圧縮
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は手数料無料・ネットで10万円から
  • フラット35は団信保険料が本人負担
矢印 申し込み


住宅ローン審査基準通らない?審査甘い銀行とは?

イエローカード

住宅ローン審査基準は、金融機関によってそれぞれ異なりますから、たとえば年収300万円以上あれば通るはず、などと一概に判断することはできません。しかし、おおまかな基準と傾向がわからなければ審査に通らない理由もわからず、対策方法も立てられないので、まずは審査基準に関する全般的な解説をします。

■ 住宅ローン審査の流れは?
一般的には事前(仮)審査と本審査の2回受ける事になります。あなたが申し込んだ銀行による審査と、保証機関による審査の2つががあるため、銀行の基準による事前の仮審査に通ったからといって必ずしも借り入れが可能になるわけではありません。

銀行はCICなどの「個人信用情報機関」に連絡して申し込んだあなたの借り入れ状況など信用情報の調査を行います。ここでは、過去にローンやクレジットカードの延滞や未納、自己破産などの金融事故をおこしていないかをチェックします。個人信用情報にはあなたのこれまでのお金に関する様々な情報が記載されているのです。

それが通ると保証会社による本審査になり、年収や勤続年数、年齢、健康状態から担保となる購入物件の価値評価などが行われ、無事にすべての基準に通ると住宅ローンの融資が受けられます。この間、長い場合には約1ヶ月かかりますので、かなり詳細な調査になると思って下さい。

■ 住宅ローン審査基準は厳しい?
上でも書いたようにそれぞれの金融機関によって下限となる年収額や細かな基準が異なる点に注意が必要です。まず大事なのが、年齢。完済時に何歳か?次に借入時が何歳か?という順で優先されます。一般的には借り入れ時の年齢が40歳を超えてくると完済時には70歳を超えてしまうため、次第に基準が厳しくなる傾向があります。

次に年収や返済負担率があります。銀行によっては年収300万円以上とか、400万円以上という風に具体的な年収額が明示されている場合もあります。ただ、多くの銀行は「安定して継続した収入があること」といった表現で年収いくらから借りられるとは明示していません。

そのため返済負担比率の考え方が大事になります。

返済負担率とは、あなたの現在におけるすべてのローンの返済額が年収の何パーセントに当たるかをあらわしたものです。住宅だけでなく、教育ローン、マイカーローン、キャッシングなどすべての借金の返済額が年収に比較して高くなると返済負担率も上がり審査に通らない大きな理由となります。

次に勤務先や雇用形態、勤続年数も審査に通るための大事なポイントです。これは年収の項でも書いた「安定して継続した収入があること」に大きくかかわってきます。一時的に収入が平均より多くても、それが継続していくのかといったことも問題になります。

さらに、債務状況、健康状態、担保物件の評価と続きます。問題になることが多いのが健康問題によって団体信用生命保険、いわゆる団信に加入することができない場合です。

団信生命保険に加入できない場合、いくつかの例外を除いて住宅ローン審査には通りません。収入や信用情報だけではなく、健康問題までクリアできなければ住宅ローン審査基準が通らないということは覚えておいてください。

■ 審査基準に通るための目安は?
やはり借入時、完済時ともに年齢は若い方が評価は高くなります。ただ、通常は年齢が若ければ年収も低いことが多くその点で基準を通らないことも十分に考えられます。さらに将来的なライフプランもはっきりしない時点で家を買うのも問題が起こる可能性が高くなるため、ある程度収入と年齢のバランス、そして人生設計なども考えたうえで借り入れ時期を検討することをおすすめします。

審査に通る年収は物件にもよりますが、やはり最低300万円は必要と考えておきましょう。フラット35の場合これよりも年収が低くても借りることはできますが、一般的な銀行の住宅ローンの場合には年収の基準は最低300万円〜450万円としているところが多くなっています。

勤務先を変えることは難しいですし、逆に転職してすぐの場合には審査にマイナスになります。なるべく安定企業でできれば正社員、勤続年数は3年以上という点は押さえておきたいところ。勤続年数が3年未満だと審査落ちの可能性がぐっと高くなります。

そのほか個人信用情報についてですが、金融事故を起こしてブラックリストに載っていないこと(必須)、クレジットカードやカードローンの借り入れはできるだけ完済しておくこと。過去5年以内にローンの返済遅れや滞納歴がないことも大事です。

ここで注意しておきたいのが携帯電話料金について。機種代金の分割払いなど携帯料金も実はローンの一種ですから毎月の料金支払いが遅れがちな場合にはマイナスになり、最悪の場合住宅ローンが借りられないというケースも報告されています。こういった点について事前に知っておき、十分に注意しておきましょう。また病歴や既往症もできるだけないほうがよいので怪我や健康の問題についても日ごろから注意を払うようにしてください。

■ 審査に通りやすい(甘い)銀行とは?
住宅ローン審査に通りやすい銀行は果たして存在するのかという問題です。どうしてもマイホームがほしい、でも審査通らないという方もいらっしゃると思います。

もしかすると、すでにマイホームの建築が始まっているのにどこの銀行から借りるか決まっていないという方や、希望していたマンションに当選したのに予定していた銀行の住宅ローン審査に落ちたという切羽詰った状況にいる方もいらっしゃるかもしれません。そんな状況であれば審査に通らない場合は本物の悲劇ですからできるだけ通りやすい銀行を探しますよね。

一般に、地元密着型の金融機関、つまり信用金庫や地方銀行は審査が通りやすいとされています。他にもうわさとしてはJAは若干甘いと言われているようです。銀行では、都市銀行よりは地方銀行、地方銀行よりは地元の信用金庫の方が審査甘い傾向にあるといわれていますが、実際のところそれは借りる人によって千差万別。借りたいと思う人誰にでも基準が甘い銀行は存在しないと思ってください。

当サイトがおすすめするのは一般の住宅ローンとは年収などの審査基準が異なるフラット35も視野に入れること。基準が異なるため他で落ちても通る可能性もありますし、年収の下限が決まっているのではなく、返済負担比率が重視されます。過大な借り入れを希望しなければ審査に通りやすい銀行はあるのです。

また健康問題によって団信生命保険に加入できず審査に落ちて困っている方はじぶん銀行のワイド団信やフラット35をおすすめします。じぶん銀行の場合金利をプラスすることで健康に問題がある方でも加入できることがある団信を用意しています。またフラット35の場合団信は原則加入という条件があるため、団信に加入しなくても審査に通る場合もあるのです。ただ団信生命保険は万が一の怪我や病気の場合に返済不能になったときの備えですからできるだけ加入することをおすすめします。

住宅ローン審査基準に通らない理由とは?

理由

そもそも、「住宅ローン審査」ってどんな仕組みなのかを把握していなければ「審査」に通りやすい・通りにくい・甘い・厳しいなどといっても対応に困りますよね?では、簡単に説明しましょう。

■ ローンの仕組みとは?
ローンとは、自分の代わりに銀行やクレジット会社などの金融機関が代金を支払ってくれる制度です。一方で、借りた自分は一度に返さなくても良い代わりに多めの金額(利息)を足して何度かに分けて返却していくというものです。銀行やクレジット会社は、ボランティアではありませんから、お金を貸す代わりに「利息」と「手数料」をもらう事で収益を得ています。

■ 「返済能力を証明できるか」がカギ!
住宅ローンの審査では借り手が勤務する企業や会社の規模や安定度、将来性や個人の年収、資産などが重要になります。これは安定かつ継続して返済し続けることができるかどうかが大事になってくるからです。ですから、公務員の方や大企業に勤務する人は有利ですし、こういった方にとっては甘い・通りやすいものですし。残念ながら自営業の方や個人商店、フリーランス、アルバイトの人は不利で厳しい状況にいると言えます。

住宅ローン審査を通過する条件

ここでは、住宅ローンへの対応の仕方を失敗しないコツを整理してみましょう。

■ 住宅ローン審査って、どんなことに気をつければ良い?
審査を通過するには、「いかに貸し手の信用を得るか」にかかっています。個人の資産や頭金の用意、年収は勿論重要なことですが、過去の疾病や入院経験、持病などの健康問題、クレジットカードの利用状況や他の借金、キャッシングやカードローンの借り入れと返済状況などの信用情報など、言ってみればあなたの個人情報が多角的に判断され大きく影響を受けますので注意が必要です。

■ 住宅ローンの借り方は?
住宅ローンは銀行の融資窓口へ行って相談するのが基本ですが、最近ではインターネットの普及によりネットバンクやオンラインで手続きを行うことが可能になってきています。銀行の店舗に出向かなくてもすべての手続きを終えることも可能なのです。ネット銀行のメリットは条件の良い住宅ローンを提供していること。そしてさらに複数の融資先を瞬時に比較できる点で、銀行の店舗を回って借り手の条件や要望にあった金融機関を探すより効率的に比較検討することができるという点です。

次に、当サイトおすすめの銀行の住宅ローンが他の金融機関に比べてどんな点にメリットがあるかを解説していきます。

おすすめ住宅ローン理由と特徴

■ 金利が安く長期返済が可能!
ショッピングローンは、年利2.5%〜18%の利息がつきます。これに対して住宅ローン金利は、0.4%〜5%とかなり低く設定されています。又、ショッピングローンでは、支払い回数が1回〜20回程度、稀に長期間でも60回(5年)が最大ですが、住宅ローンは回数の上限が35年という長期にわたるものが大多数を占めています。

■ 他にもある!住宅ローンのメリット!
住宅ローンは、低金利で長期間の融資を受けられるだけでなく、税制面でも優遇が受けられることがあります。これは「住宅ローン減税」と言われる制度で、条件を満たせば個人の年収から一定金額の所得控除が認められるというものです。

住宅ローン審査基準に落ちたら?諦めなければダメ?

落ちたら?

住宅ローン審査はかなり厳しいので、クレジットカードやキャッシングのように簡単には通りません。また、金融機関によっても基準の厳しさには差があるようです。それでは一度の申し込みで通らない場合そこであきらめなければならないのでしょうか?また申し込みを頻繁に行うことは銀行の審査でマイナスに働いてしまうのでしょうか?

審査をおすすめできない場合とは?

過去にローンを借り入れていたにもかかわらず貸し倒れ、未払い、自己破産などの金融事故歴がありブラックリストに載っている人の場合かなり厳しいといえます。延滞は2年間、自己破産は5年間記録が残ります。金融事故を起こしてしまったという場合には最低でもこの期間は申し込みを控えるようにしましょう。

定職に就いていない人、収入の見込みが立たない人の場合も通らない可能性が非常に高くなります。まずは安定して継続した収入が得られるようになるまで申し込みは見送りましょう。

過去3年間に入院歴や病歴があり、団体生命信用保険に加入できない人の場合は上でも書きましたがワイド団信やフラット35を申し込んでみるという方法もあります。まずは銀行に相談してみることをおすすめします。

審査通らない条件とは?

年収が300〜400万円以下、勤続年数3年以下、ローン返済中(特に自動車などの大きいもの)、多額のキャッシング中、多重債務のある方はなかなか借り入れは難しいでしょう。雇用状況や勤務先も重視されますし、ローンやキャッシングは完済してから望んだ方が有利になります。又、年収に対して借入希望金額が大きいと審査に通らない事もあります。総額は年収の5年分まで(安全なのは3年分)、返済額は年収の20%〜25%以内に留めておいた方が良いでしょう。子供の人数も「学資にかかる出費」に関係してくると判断されるようです。

審査基準は金融機関によって違います

審査に通るための基準は、金融機関によってかなり違います。まず、勤続年数は「転職後3ヶ月」「勤続年数1年以上」「勤続年数3年以上」と様々です。年収も100万円以上から400万円以上と金融機関によって様々です。最低年収を規定していない銀行もあります。審査基準の厳しさも、都市銀行、地方銀行、信用金庫、JAなどによって異なるので、選択肢をひろくとって資料請求を行ってみてはいかがでしょうか。

個人事業主は住宅ローン審査基準に通らない?

個人

個人事業主とは、事業者本人やその家族などの少人数で構成される小規模な事業の経営者です。

法人化されていない個人会社で、一般には自営業と同じです。自営業者の方と考えても良いでしょう。

ですから、住宅ローンの融資を受ける場合は、自営業者と同じ扱いになります。そのため自営業者の審査基準を参考にするのがよいのではないでしょうか。

■ 3年間の所得証明が必要
まず、その事業への従事期間です。サラリーマンの場合は一般に1年以上の勤続年数が必要ですが、個人事業主はその事業に従事している期間が3年以上が必要なようです。過去3年間の確定申告の控えを持参して、金融機関に所得の証明をする場合が多いようです。最低でも、その間は黒字決算でなくては通りません。節税対策などで赤字になっていたり、収入が控えめになっている場合には審査基準をパスすることが難しくなります。そのため個人事業主、自営業者の方が住宅ローンを借りたいと考える場合には数年前からあらかじめ計画を立てておいて、収入の証明をできるようにしておいてください。

■ 事業の将来性も大切!
個人事業主の場合、過去3年間黒字決算だったからと言って、来月も安定した収入があるとは限りません。そこで重要になることは、貸し手側に「自分の事業の将来性やどうやって売り上げを伸ばしていくか。」という事業プランをアピールし、いかに理解を得られるかという点です。安定性に欠ける個人事業だからこそ、重要なポイントになります。

■ 年齢も重要な要素
申込時の年齢と完済時の年齢も重要な要因です。一般には借入時の年齢は20〜70歳で返済完了時の年齢は70〜80歳が適齢とされています。個人事業主には「定年」が無いので、生涯現役で収入が確保されているように思われますが、金融機関の常識では借り手の年齢が高くなるほど返済能力は低下すると判断されるようです。ですから、借り手が50歳以上の場合は、返却期間を短く設定するよう要求されるようなので、申請時の年齢はなるべく若い方が良いようです。

住宅ローン審査通らない原因【Q&A】関連ページ

女性の住宅ローン審査は?母子家庭の審査基準!【専用ローンはある?】
女性の場合住宅ローン審査に通るのは難しいのでしょうか?女性の住宅ローン審査について考えて生きたいと思います。
イオン銀行住宅ローンの審査通るには?審査基準を分析!【借りやすい?】
イオン銀行の住宅ローン審査の基準は厳しいのでしょうか?最近人気が上がっているイオン銀行住宅ローンの借りやすさについて分析していきます。
契約社員は住宅ローン審査通らない?雇用形態の基準!【安定収入とは?】
契約社員は住宅ローン審査に通らないのでしょうか?住宅ローン審査の雇用の形態と年収の基準について調べました。
総量規制で住宅ローン審査通らない?他のローン!【借り入れできない?】
住宅ローンの審査と総量規制にはどのような関係があるのでしょうか?ローンの総量規制で住宅ローン審査が通らないということもあるのでしょうか?
住宅ローンもおまとめできる?借り換えメリット!【審査でおすすめは?】
住宅ローンのおまとめは可能なのでしょうか?住宅ローンの借り換えで効果的なおまとめができるのか、そして住宅ローン借り換え審査は厳しいのかなどを調べました。
自営業は住宅ローン審査通らない?基準を暴露!【審査落ちないコツは?】
自営業の場合には住宅ローン審査に通らないという話をよく耳にします。実際のところ、自営業の住宅クローン審査はどのようになっているのかその基準を分析しました。
専業主婦の住宅ローン審査基準は?職業と収入は!【専業では通らない?】
専業主婦の場合住宅ローン審査には通らないのでしょうか?専業主婦と住宅ローン審査基準について考察します。
住信SBIネット銀行住宅ローン審査通るには?【通らない理由は何?】
住信SBIネット銀行住宅ローン審査に通らない理由はどのようなことが考えられるでしょうか?住信SBIネット銀行住宅ローンの借り入れに必要なポイントを考えます。
住宅ローンはすぐに借りられる?審査にかかる期間!【つなぎ融資とは?】
住宅ローンの審査にはどれくらいの期間が必要なのでしょうか?ここでは住宅ローン借り入れまでの流れとすぐに借りたい場合の対処法をご案内します。
住宅ローンは連帯保証人が必要?審査通らない!【ローンの保証人とは?】
住宅ローンの審査基準についてここでは考えて生きます。住宅ローンを借り入れるのに連帯保証人は必要となるのでしょうか?
新生銀行住宅ローン審査通るのは難しい?基準を比較!【審査通るには?】
新生銀行住宅ローンの審査に通るのは難しいのでしょうか?新生銀行住宅ローンの審査について詳しく調べていきます。
会社経営者の住宅ローン審査は?基準に通らない?【落ちない準備は?】
会社経営者の住宅ローン審査基準は厳しいのでしょうか?経営者は住宅ローン審査に通らないといわれるうわさの真偽を確かめます!
住宅ローン借り換えの方法は?借り換え審査の難易度!【メリットは何?】
ここでは住宅ローン借り換えの方法についてご紹介します。住宅ローン借り換え審査の難易度や、借り換えのメリットなどもご紹介します。
住宅ローン審査はOLでも通る?年収の基準!【借りやすい場合とは?】
OLの場合住宅ローン審査に通るのでしょうか?住宅ローン審査の基準と年収、雇用について考えて生きます。女性のローン審査の実態は?
年金受給者の住宅ローン審査?基準通らない!【審査に通る場合とは?】
年金受給者の住宅ローン審査は通らないのでしょうか?借り入れ年齢の基準と年収の関係について考えます。
派遣社員の住宅ローン審査は?借り入れの方法!【審査基準に通らない?】
派遣社員は住宅ローンを借りたいと思っても基準を満たしにくいのでしょうか?派遣社員の住宅ローン審査の通りやすさについてご案内します。