住宅ローンは連帯保証人が必要?

住宅ローンは連帯保証人が必要?

保証人

保証人とは民法上の規定では、「主たる債務者がその債務を履行しない場合にその履行をなす債務を負う者をいう」と定められています。

つまり、 「借りた人が返さなければ、保証人となった人が代わりに返済する」という法律上の約束です。

保証人と連帯保証人の違い
保証人とは債務者に支払い能力がある限りは本人の取り立てを優先し、支払い能力が無くなった場合に残金を払う義務を受ける人です。一方、連帯保証人は債務者と同等の支払い義務を負わされます。

つまり、債務者に支払い能力があっても連帯保証人の方が取り立てやすかったら、そちらから取り立てても良いというものです。このように、連帯保証人は重大な責任を負うわけですから、一般に「保証人にだけは断れ」と言われる場合の保証人とは、特に連帯保証人の事を意味するようです。

住宅ローンに保証人は必要ですか?
住宅ローンは数千万円もの多額の借り入れをするわけですから、貸し手である金融機関も返済の保証が無いと安易に貸し出すわけにはいきません。しかし、多額の借金を肩代わりする保証人は、よほどの返済能力がある人でないと回収できなくなってしまいます。そこで、住宅ローンを借り入れる際はその役目を保障会社に代行してもらうことが一般的です。

連帯保証人が必要になるケース
このように個人ローンの大半は保証会社の保証をつけることが原則なので、通常は連帯保証人を用意する必要はありません。ただし、以下の場合は連帯保証人が必要になります。

  1. 住宅ローンを配偶者と共同出資する場合
  2. 担保物件が共同所有の場合

住宅ローン審査通る銀行ランキング![2017年9月版]

サムネイル
  • 三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 保証料・収入印紙代は0円
  • 来店不要で時間の成約なし
  • がんと診断でローン残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 固定も変動も低金利で人気
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・一部繰り上げ返済手数料も0円
  • 安定かつ継続した収入が年収の基準
  • 3大メリットなどサービスが充実
  • コンビニATM手数料はランクに応じ月最大15回無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • 就業年数2年以上・年収300万円以上
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料0円
  • 繰り上げ返済手数料0円
  • 団信生命保険加入資格があること
  • 安心パックで将来のリスクに備える
  • 新生銀行は6つの手数料0円
矢印 申し込み


サムネイル
  • イオンでの買い物が毎日5%OFF
  • 疾病保障付き住宅ローンも容易
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 安定収入(年収100万円以上)あること
  • 連続就業6ヶ月・自営は開始3年以上
  • 一部繰上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保障が本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35独自の審査基準で借りやすいと評判
  • フラット35最安金利と低い手数料を達成
  • 諸費用の安さで総返済額を圧縮
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は手数料無料・ネットで10万円から
  • フラット35は団信保険料が本人負担
矢印 申し込み


審査基準研究記事一覧

新生銀行は金利や事務手数料などの手数料も安い点が好評価です。住宅ローンの申請資格は?新生銀行の申請条件は、「連続した就業期間が2年以上、かつ前年度の税込み年収が300万円以上の正社員、または契約社員であること(自営業の場合は、2年間の平均所得金額が経費控除後の額面で300万円以上あること)」となっています。審査は厳しい?新生銀行の住宅ローン審査は、比較的厳しいようです。まず、雇用形態が正社員か契約...

イオン銀行は最低年収の設定が低く勤続年数制限もないため、非常に利用しやすい住宅ローンだと言えます。低い年収でも借りられる!ソニー銀行が最低年収が400万円以上、新生銀行が300万円以上、東京スター銀行が200万円以上なのに対して、イオン銀行は最低年収100万円以上と非常に低く設定されています。勤続年数も問題なし!一般的にサラリーマンで1年以上、個人事業主(自営業)で3年以上の勤続年数が条件となりま...

結論から申しますと、即日融資は無理です!申請してすぐ振り込んでくれるのは、銀行のカードローンか消費者金融で、融資額が数百万円止まりです。返済期間も限られているので、住宅ローンのように長期にわたって返済するわけにはいきません。又、金利も住宅ローンよりははるかに高いので、カードローンで融資を受けて住宅ローンに回す人はいないと思います。何より、使用目的が違います。住宅ローンがおりるまで住宅ローンは多額の...

住宅ローンは長期にわたったローンを組むので、契約してから何年か経つと金利が変動したり、後発でより有利な商品が出てきたりするものです。そんな場合は、現在のローンから他社のローンに乗り換えることが賢明です。これを「住宅ローンの借り換え」と言います。借り換えの方法は?現在利用している住宅ローンを借り換えようと思った場合、同じ銀行内での借り換えはできません。別の銀行で新たに住宅ローンを組んで融資を受け、そ...

総量規制とは、無担保ローンは年収の3分の1以上の金額は借り入れできないという制度です。この場合の借入金額は、借り手個人の総額なので複数の金融機関から借り入れがある人は、その合計金額になります。住宅や自動車などの高額ローンが組めない?この制度では、年収300万円の人は100万円までしか借りられないので、中古住宅すら買えなくなってしまいます。自動車も軽乗用車か中古車しか買えません。そんな疑問は当然生ま...

複数の金融機関から融資を受けていると、引き落とし日がバラバラで面倒くさいものですね。金利もバラバラで効率悪いし、「いっそ低金利な金融機関にまとめてしまいたい」と思う事は誰でもあると思います。そんな「おまとめ」について考えてみましょう。住宅ローンのおまとめは簡単!いわゆる「住宅ローンの借り換え」という事になります。住宅ローンを組んでいる人の中には、複数の金融機関から融資を受けている人もいると思います...