住宅ローン借り換えの方法は?

住宅ローン借り換えの審査の難易度は?

借り換え

住宅ローンは長期にわたったローンを組むので、契約してから何年か経つと金利が変動したり、後発でより有利な商品が出てきたりするものです。

そんな場合は、現在のローンから他社のローンに乗り換えることが賢明です。これを「住宅ローンの借り換え」と言います。

借り換えの方法は?
現在利用している住宅ローンを借り換えようと思った場合、同じ銀行内での借り換えはできません。別の銀行で新たに住宅ローンを組んで融資を受け、その資金を現在借りている銀行へ返済するという手順をとる事になります。ですから、勤続年数や年齢、年収、健康状態など、通常の住宅ローン審査を受け直す必要があります。又、複数の金融機関から融資を受けている人は、それらすべてを精算しなければなりません。

どれか一つだけ借り換えるという訳にはいかないので、結果として「ローンのおまとめ」になります。又、借り換え手続きには費用がかかります。保証料、事務手数料、抵当権の付け替えのための登録費用など、まとまった金額が必要になります。この分も借り換え費用に含む事ができますが、出費になることには変わりありませんので計算に入れておく必要があります。

借り換えのメリットをハッキリと!
借り換えを検討している人の多くは「契約時よりも金利が安い」という事を重視していると思います。金利が減れば総返済額が減るので、「現在よりも短期間で返済できる」とか「月々の返済額を低くできる」という目的だと思います。失敗しないコツは、複数の金融機関の同一タイプのローンデーターを集めて比較することです。最近の金融機関のホームページには、借り換えのシュミレーションコーナーのサイトも有る場合が多いので試算してみることもお勧めします。

住宅ローン審査通る銀行ランキング![2017年11月版]

サムネイル
  • 三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 保証料・収入印紙代は0円
  • 来店不要で時間の成約なし
  • がんと診断でローン残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 固定も変動も低金利で人気
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・一部繰り上げ返済手数料も0円
  • 安定かつ継続した収入が年収の基準
  • 3大メリットなどサービスが充実
  • コンビニATM手数料はランクに応じ月最大15回無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • 就業年数2年以上・年収300万円以上
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料0円
  • 繰り上げ返済手数料0円
  • 団信生命保険加入資格があること
  • 安心パックで将来のリスクに備える
  • 新生銀行は6つの手数料0円
矢印 申し込み


サムネイル
  • イオンでの買い物が毎日5%OFF
  • 疾病保障付き住宅ローンも容易
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 安定収入(年収100万円以上)あること
  • 連続就業6ヶ月・自営は開始3年以上
  • 一部繰上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保障が本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35独自の審査基準で借りやすいと評判
  • フラット35最安金利と低い手数料を達成
  • 諸費用の安さで総返済額を圧縮
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は手数料無料・ネットで10万円から
  • フラット35は団信保険料が本人負担
矢印 申し込み