契約社員は住宅ローン審査に通らない?

契約社員は住宅ローン審査に通らない!

契約社員

契約社員は次回の契約更新に対する保証が無いため、住宅ローンのような長期にわたるローンが組みにくいのが現状です。

そんな契約社員の方々に、有効な住宅ローンについて考えてみましょう。

雇用契約より勤務実績
ローンを組む場合、貸し手側は「本当に返してくれるか?」という事を重視します。その為、勤務先や雇用形態、勤続年数や年収など、借り手側の情報を集めて「信用できるか」を調べます。

その際、終身雇用が約束されている正社員は有利に話が進められますが、年度ごとに契約を更新するような不安定な雇用状況である契約社員は、そう簡単には話が進められません。

しかし、長く続いている不況のおかげで「大企業でもいつ倒産するか判らない」「公務員でも財政悪化になれば給与が下がるかもしれない」と不安要素が増えたため、勤務先よりも借り手の勤続年数や年収を基準に判断する金融機関が増えてきています。

勤続年数や年収について
住宅ローン審査でチェックされる項目として「勤続年数○年以上」と言われる事があります。年数が長いほど有利なことに変わり有りませんが、必ずしも必須条件では無いようです。実際に利用条件として打ち出しているのは新生銀行で、「勤続年数2年以上」です。

住友SBIネット銀行は「転職後3ヶ月以上で必要書類があればOK」とQ&Aコーナーに記載があります。イオン銀行では「安定かつ継続した収入が見込める方」と商品説明に記載されています。

年収に関しては、ソニー銀行が400万円以上、新生銀行は300万円以上、東京スター銀行が200万円以上、イオン銀行が100万円以上となっています。

住宅ローン審査通る銀行ランキング![2017年9月版]

サムネイル
  • 三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 保証料・収入印紙代は0円
  • 来店不要で時間の成約なし
  • がんと診断でローン残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 固定も変動も低金利で人気
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・一部繰り上げ返済手数料も0円
  • 安定かつ継続した収入が年収の基準
  • 3大メリットなどサービスが充実
  • コンビニATM手数料はランクに応じ月最大15回無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • 就業年数2年以上・年収300万円以上
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料0円
  • 繰り上げ返済手数料0円
  • 団信生命保険加入資格があること
  • 安心パックで将来のリスクに備える
  • 新生銀行は6つの手数料0円
矢印 申し込み


サムネイル
  • イオンでの買い物が毎日5%OFF
  • 疾病保障付き住宅ローンも容易
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 安定収入(年収100万円以上)あること
  • 連続就業6ヶ月・自営は開始3年以上
  • 一部繰上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保障が本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35独自の審査基準で借りやすいと評判
  • フラット35最安金利と低い手数料を達成
  • 諸費用の安さで総返済額を圧縮
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は手数料無料・ネットで10万円から
  • フラット35は団信保険料が本人負担
矢印 申し込み