会社経営者の住宅ローン審査は?

経営

会社経営者と言えば、いわゆる「社長」というイメージがありローン審査もスムーズに通ると思われるかもしれませんが、決してそんなことは無いようです。

審査対象は経営者ではない!
経営者が住宅ローンを申請すると、サラリーマンとは違った審査基準が適用されます。まず、審査される対象が経営者個人ではなく経営している会社になります。なぜなら、経営者の収入源は経営する会社にあるからです。

会社の経営状態が良好ならば借り手である経営者の収入も安定していると証明されるわけで、逆にいくら多額の報酬を受け取っていても会社の経営が赤字続きでは会社の将来性がないので、融資した資金が回収できなくなる可能性があるからです。

節税もほどほどに
経営者なら大なり小なり「黒字部分は他の赤字部分の補填にまわす」という税金対策を行っていると思います。補填して黒字ならまだ良いですが、度が過ぎて赤字をつけてしまわないように注意しなければいけません。

一度「赤字」をつけてしまうと経営が不安定と判断され、融資を受けることが大変困難になってしまいます。住宅ローンの融資を受けようと思う経営者は、絶対に赤字を出してはいけません。

ここからが肝心!経営者の収入
会社が安定して黒字を出していれば、めでたく住宅ローンの審査が通るというわけではありません。これは、あくまで審査を受ける最低限の基準です。会社が黒字を出していても、肝心の経営者がきちんと報酬を受け取っていなければ、まるで意味がありません。

「今月は経営が苦しいから、自分の報酬は受け取らずにがんばろう!」と言った事は、経営者なら理解できる心情だと思いますが、このようなことが一度でもあると、金融機関は会社の経営状態に疑念を持ってしまいます。

ですから、会社の運転資金と経営者の報酬は明確に区別されていることも、住宅ローン審査を受ける上での大事な要因です。

住宅ローン審査通る銀行ランキング![2017年9月版]

サムネイル
  • 三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 保証料・収入印紙代は0円
  • 来店不要で時間の成約なし
  • がんと診断でローン残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 固定も変動も低金利で人気
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・一部繰り上げ返済手数料も0円
  • 安定かつ継続した収入が年収の基準
  • 3大メリットなどサービスが充実
  • コンビニATM手数料はランクに応じ月最大15回無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • 就業年数2年以上・年収300万円以上
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料0円
  • 繰り上げ返済手数料0円
  • 団信生命保険加入資格があること
  • 安心パックで将来のリスクに備える
  • 新生銀行は6つの手数料0円
矢印 申し込み


サムネイル
  • イオンでの買い物が毎日5%OFF
  • 疾病保障付き住宅ローンも容易
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 安定収入(年収100万円以上)あること
  • 連続就業6ヶ月・自営は開始3年以上
  • 一部繰上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保障が本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35独自の審査基準で借りやすいと評判
  • フラット35最安金利と低い手数料を達成
  • 諸費用の安さで総返済額を圧縮
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は手数料無料・ネットで10万円から
  • フラット35は団信保険料が本人負担
矢印 申し込み